低圧太陽光発電監視サービス「ソーラーモニターLite」

発電監視サービスの必要性

太陽光発電システムにおける発電事業は、当初の予想発電量から収支計算を行い事業計画を策定します。しかしながら買取期間が20年間と長期のため、モジュールやシステムのトラブルで発電低下した場合、早期に発見ができなければ売電収入が減少するリスクを持っています。例えば、50kWの太陽光発電システムで、トラブルにより、1ヶ月間売電できなかった場合、約18~20万円の損失となります。独立行政法人産業総合研究所の調査では発電開始10年以内での太陽光パネルの不具合は13%、パワーコンディショナーの不具合は17%の報告もあり、売電事業に対するリスクを回避するために、発電監視や定期的な保守メンテナンスは不可欠です。

的確な発電監視アルゴリズムを搭載(特許取得)

各パワーコンディショナーの異常状態を詳細情報と共にアラートメールを送信します。
実発電量と近隣の気象データ情報からの想定発電量を算出し相対比較監視を行います。
各パワーコンディショナーの出力状況を相対比較することで、モジュール・ストリング回路の異常を発見します。

充実したレポート機能

日次・週次・月次・年次の発電レポートを定期的にメールで自動配信します。また、CSV形式でのデータ出力も可能です。設置企業の年度に合わせて出力できる年次の発電レポートでは、当初事業計画のベースとなった発電シミュレーション値との比較も可能です。

デザイン性・多様性に優れたリアルタイムモニター機能

現在の発電状況や天気予報から算出した発電予報などをグラフィカルに表現したサイネージを提供します。
PC・スマートフォン・タブレットで表示ができますので、いつでもどこでも発電状況を確認することが出来ます。
*下記の画面は、弊社南阿蘇ソーラーファーム第Ⅳ発電所(31.5kW)の発電状況をリアルタイムに表示しています。
*ブラウザは、Google Chrome、Internet Explorer Ver.10をご使用ください。

ソーラーモニター対応可能PCS

出力制御対応が可能

太陽光発電遠隔監視サービスとPCS出力制御の二つの機能を3G通信モジュールに一体化。
リアルタイムモニター画面と同様にデザイン性に優れた出力制御スケジュール画面を提供します。

【出力制御スケジュール画面】

設置機器は10年保証ですぐに使える

3G通信対応により新たな回線を契約する必要がありません。
設置機器は、10年保証となります。

パンフレット ダウンロード

低圧太陽光発電監視サービス「SolarMonitor(ソーラーモニター)ライト」のパンフレットがダウンロードできます。(PDF 4.23MB)

solarmonitor_lite